Q

あなたが考えるPHVとは?

A

既存のものをブラッシュアップし、
まったく新しい価値を生み出すこと。

森岡書店・森岡 督行が選ぶPHVな本 2/4 |
遠山 正道 『やりたいことをやるというビジネスモデル – PASS THE BATONの軌跡』
(弘文堂)

「Soup Stock Tokyo」や「PASS THE BATON」、「giraffe」を運営する株式会社スマイルズの社長、遠山正道さんの考え方が詰まった本。そのビジネススタイルは一見バラバラのようですが、ファーストフードをスマイルズが行うとSoup Stock Tokyoに。リサイクルショップをスマイルズが行うとPASS THE BATONに。既存のものをブラッシュアップすることにより、まったく新しい価値が生まれます。ビジネスを始める上でまず手掛けるのは「物語を作ること」。例えば、PASS THE BATONはバトンを手渡すように、人と物をつないでいきます。その物がどこからきて、どんな人が使っていて、どんな時間が流れたのか。物が持つ物語に目を向けることで、ただ商品が行き交うだけでなく、その想いも一緒に次世代へと受け継いでいきます。アート作品をつくるようにビジネスをする。これが遠山さんの最も独創的な点だと思います。

森岡 督行

もりおか・さだゆき/1974年、山形県出身。1998年に神保町の書店「一誠堂」に入社。2006年に独立し、「森岡書店」を日本橋茅場町にオープン。2015年には、“一冊の本だけを売る書店”をテーマに「森岡書店 銀座店」をオープンさせる。期間限定で取り扱う本を入れ替え、展示やインスタレーションなども行う書店として話題に。著書に『写真集 誰かに贈りたくなる108冊』(平凡社)、『荒野の古本屋』(晶文社)など。