エンジンでもモーターでも走るプリウスPHVには、主にバッテリーに充電した電力で走る「EV(充電電力使用時走行)」モード(※)と、電力とガソリンを使い分けて走る「HV(ハイブリッド走行)」モードがあります。プリウスPHVは、EV走行における最大出力を高めることで、加速性能を伸ばすことができました。
 その秘密は、プリウスPHVに搭載した「デュアルモータードライブシステム」にあります。この新機構によって、モーターの力に加え、発電ジェネレーターからのトルクを上乗せできるようになりました。その結果、駆動力の向上を実現。加速性能アップにつながっています。
 これまで、EV走行中には発電ジェネレーターからトルクの出力ができませんでしたが、今回は、動力を分割する機構に、1方向のみに回転力を伝達するワンウェイクラッチを追加。これにより、発電ジェネレーターをモーターとしても動かせるようになったのです。
 より強いEV加速性能を手に入れたプリウスPHV。アクセルを踏んだその瞬間から、その後も滑らかな加速が続きます。

より詳しい説明はこちらへ:http://toyota.jp/new_priusphv/

※ エンジン・駆動用バッテリーの状態、エアコンの使用状況や運転方法(急加速・所定の車速を超える)、
  道路状況(登坂)などによっては、バッテリー残量に関わらずEV走行が解除され、エンジンが作動します。